機能 – 音声通話 (Voice Communication)

GPSトラッキング機能を使って車両の現在位置が分かれば、各ドライバーへスムーズに連絡を取ることができます。従来は無線を使った通信を行う以外では、携帯電話での連絡が考えられますが運行中の通話が難しいことと、複数のドライバーへの連絡はひとり一人に連絡すると時間がかかるなど問題がありました。

GPSトラッカーではインターネットに接続できている端末に向けて一斉通話はもちろん、地図上から範囲を指定してのグループ通話も可能です。無線やトランシーバーのようにPushToTalk方式を採用しており、通話は応答することなくスマートフォンから再生されます。

無線のような専用機や免許なども一切不要です。インターネットに接続する当社推奨のWEBブラウザがあれば通話が可能です携帯電話、IP電話とも異なる方式を採用しておりパケット通信量も極限まで抑えて通信することができます。
GPSトラッカーの音声通話機能については特許出願済

ドライバーとのトランシーバ通話

voice1アセット 2
ブラウザだけあれば複数のドライバーと同時通話することができます。電話回線や無線機など特別な仕組みは必要ありません。管理者はブラウザに表示された地図に話かけるだけで、いっせいに複数のドライバーへ連絡することができます。

地図から通話グループの指定

voice2アセット 4
地図上の範囲を指定して、通話グループを簡単に作成することができます。1:1の個別通話に加えてグループ内の同時通話ができます。

特定地域にいるドライバーと連絡を取りたいときなどに便利です。もちろん、休憩中などのステータスで対象ドライバーを絞り込むこともできます。

スマートフォンからの通話

スマートフォンでは、WEBブラウザに加えて、アンドロイドスマートフォンの場合、アプリケーションを活用することもできます。特にドライバーの場合は運転中のスマートフォンでの通話は危険な行為になります。GPSトラッカーでは、通常の電話応対ではなく、スマートフォンの画面を触るゼスチャーにて応答先を変更するなどの機能を持っており、無線を利用しているように安全に複数のドライバーと通話することができるようになっております
voice3アセット 1

たとえば、指2本であれば直前に通話したユーザへの返信応答となり、指3本を当てて通話するだけで、全ドライバーへの通話となり、スマートフォン画面へのタッチゼスチャーで通話先を変更できます!

自動録音

voice4アセット 1
ドライバー、または事務所のオペレータが他の作業などによりオフラインだった場合などで連絡が取れない状況で、重要な伝達事項がある場合、自動録音設定ができます。
その場合、オンラインになった段階で音声を再生することができます。

機能一覧

GPSトラッカーの通話機能はプレミアムプランのみの設定です。詳細は価格表をご覧ください。

ドライバー指定通話 ドライバーを個別に指定して1:1で通話
グループ通話 地図上で円を描き範囲を指定したグループを指定して一斉通話
一斉通話 地図上のステータスを登録している全ドライバーへの一斉通話
自動録音通知 非アクティブなドライバーへ自動録音通知
タッチ個別通話 スマートフォンの画面を2本の指で押下することで1:1の個別返信
タッチ一斉通話 スマートフォンの画面を3本の指で押下することで全ドライバーへの一斉返信
PAGE TOP